肌極と米肌の違いは?徹底比較してみました

 

乾燥肌やゆらぎ肌向けの化粧水の肌極と米肌。

 

同じコーセーから販売している化粧水だけど何が違うの?どちらを選べばいい?徹底比較してみました。

 

肌極

肌極,米肌

使用日数目安 150ml
価格 2,800円
成分 ライスパワーNo.11・アケビ茎エキス・緑茶エキス(チャ葉エキス)・シソ葉エキス・グリセリン

 

上戸彩がCMでもおなじみ。ストレスや生活リズムで肌がゆらぎがちな20代女性向け。

 

 

米肌

肌極,米肌

使用日数目安 約14日間
価格 1.500円送料無料
成分 ライスパワーNo.11・大豆発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・グリコシルトレハロース・グリセリン・乳酸Na

 

アレルギーテスト済み・無香料・無着色・鉱物油フリー。敏感肌でも安心して使えます。

 

肌極,米肌

 

同じコーセーから販売している肌極と米肌ですが肌極は主に20代女性向けの化粧水。ドラッグストアなどでも気軽購入できます。

 

肌極,米肌

 

米肌は通販のみの販売で主に30代向けの化粧水米肌のほうが美容成分の種類も豊富に配合されています。

肌極みの口コミと感想

肌極,米肌
肌極の化粧水「 肌極(はだきわみ) 化粧液 」は乳液いらずタイプ。

 

肌極のスキンケアステップは美容液+化粧液の2ステップでOKです。

 

無着色・弱酸性。

【 肌極(はだきわみ) 化粧液 全成分】
水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・PEG−8・アケビ茎エキス・コメエキス・シソ葉エキス・シロキクラゲエキス・チャ葉エキス・トコフェロール・EDTA−2Na・PEG−10メチルエーテルジメチコン・イソステアリン酸PEG−50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・オレイン酸エチル・キサンタンガム・クエン酸・グリセレス−26・チオ硫酸Na・リン酸2Na・メチルパラベン・香料

米肌の口コミと感想

肌極,米肌

 

同じコーセーから販売している米肌は通販限定化粧水でドラッグストアでは販売していません。

 

米肌のる美容成分は肌極と同じライスパワーエキスNo.11の他にもビフィズス菌発酵エキス・大豆発酵エキスを配合しています。

 

米肌の美容成分は発酵成分を濃厚に配合しているので高い保湿力とハリツヤのある肌を目指して作られています。

敏感肌には米肌がおススメ

肌極は20〜30代の乾燥肌向けのシリーズ。スキンケアも美容液+化粧液のシンプルなケアです。

 

対する米肌はクレンジングから保湿ケアまでトータルで敏感肌をサポートしてくれるスキンケア製品。

 

無着色・無香料・石油系界面活性剤フリー・鉱物油フリー・弱酸性。敏感肌に安心のアレルギーテスト済みです。

 

肌極,米肌

 

肌極,米肌

 

関連ページ

米肌とライスフォースを比較!どっちを選べばいいの?
ライスパワーNo,11配合の米肌とライスフォース。とても似ていると思うんだけどどっちを選べばいい?徹底比較してみました。