キュレルのセラミドってどんなセラミド?


CMや雑誌でもお馴染の花王のキュレル。

 

「セラミドケアならキュレル」というイメージですがキュレルに使用されているセラミドは本来のセラミドではなく花王独自の成分、セラミド機能成分です。

キュレルのセラミドとは?

キュレルに使用されているのは「潤浸保湿セラミド機能成分」と言って花王が独自に開発したセラミドに似た成分のこと(一般的には疑似合成セラミドと呼ばれています※セラミドの主な種類参照)

 

直接肌にセラミドとして働くわけでなくあくまで「セラミドに近い働きをする」という保湿成分で成分表示には「セラミド」と明記することはできません。(キュレルにはヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドと化学成分名で明記してあります)

 

花王の企業努力によって開発したセラミドと同じ働きに近い独自成分を使用しています。

キュレルの化粧水にはセラミドは配合されてる?

キュレル,セラミド

アットコスメの口コミでも人気のキュレルの化粧水ですが花王独自のセラミド成分「潤浸保湿セラミド機能成分」(ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド)が配合されているのは

乳液、潤浸保湿フェイスクリーム、リップケア クリーム、潤浸保湿 美容液、アイゾーン美容液、入浴剤、ローション、クリーム、ハンドクリーム、皮脂トラブルケア 保湿ジェル、美白乳液、美白クリーム、美白UVミルク、UVミルク、UVクリーム、UVローションSPF50+、UVローションSPF30

になります。
※BBミルク、BBクリームではセチルPGヒドロキシエチルパルミタミドです。

 

関連ページ

赤ら顔でも大丈夫の化粧水!おすすめのスキンケア・治し方は?
季節を問わず顔が赤くなってしまう赤ら顔を治すためのおすすめ化粧水をランキングで紹介。メイクでカバーもできますがまず原因を探って根本的なスキンケア方法を見直してみましょう。
脂漏性皮膚炎に使える化粧水はどれ?【原因と治療法】
脂漏性皮膚炎は実は多くの人に可能性がある皮膚疾患です。皮膚の分泌が多い場所に出来やすいといわれています。脂漏性皮膚炎の原因。そして治療法はどのようにすればいいのでしょうか。使える化粧水も紹介しています。
皮膚が薄い原因は何?スキンケアはどうしたらいい?
皮膚が薄い・皮膚が弱いとよく言いますが皮膚の薄さってどのくらい?原因は?皮膚が薄い人向けのスキンケア方法も紹介。
肌がカサカサでかゆい! 顔の乾燥の原因と今すぐ出来る対処法
肌がかゆいと一口に言っても湿疹などにも種類があります。その原因・種類と対策、特に顔のカサカサの乾燥かゆみには予防がとても大事です。
化粧水で顔がヒリヒリ!乾燥・敏感肌のスキンケアはどうしたらいい?
乾燥がひどくて肌がヒリヒリする。化粧水が染みる。敏感肌で肌が弱っているときのスキンケアはどうすればいいのか、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?
敏感肌だけど美白ケアしたい!低刺激な化粧水はある?
美白成分配合の化粧品は刺激が強すぎて敏感肌には使えない(´・_・`)そう思っていませんか?敏感肌の美白ケアは何に注意をしてどんな化粧水を選べばいいのか調べてみました。
顔の粉吹き肌・カサカサ肌の治す方法・使える化粧水はある?
皮膚の表面がカサカサと粉をふいた状態の粉吹き肌。顔の口の周りは粉を吹いてメイクも出来ない状態。化粧水などで治す方法はあるの?