敏感肌の化粧水には必要不可欠?ヒアルロン酸のすごい効果

ヒアルロン酸,効果

 

化粧水で配合されているお馴染の成分ヒアルロン酸。誰でも一度は聞いたことがあるくらい有名な保湿成分ですが本当に保湿効果があるのでしょうか?

 

改めてヒアルロン酸について調べてみました。※ヒアルロン酸は主に目、皮膚、関節などに存在しますがここでは特に皮膚に特化して調べてあります^^

ヒアルロン酸ってなに?

ヒアルロン酸は1934年アメリカの大学で牛の目から発見された成分です。糖の仲間です。体の色々な場所にヒアルロン酸は存在し、外部刺激から肌を守るクッションの役割をしたり細胞同士を結び付けたりする役割を持っています。特に肩・膝・腰などの関節では関節を動かす潤滑油の働きをしている成分です。

ヒアルロン酸とお肌の関係と効果

ヒアルロン酸,効果
皮膚は大きく分けて「表皮・真皮・皮下組織」の3つの層に分けられます。ヒアルロン酸はエラスチン、コラーゲンとともに真皮に存在する成分です。

 

網目状に張り巡らせれたコラーゲンが肌の内部を支え、エラスチンがコラーゲンを繋げています。コラーゲンはその隙間を水分と一緒に埋めてお肌に潤いとハリを維持してくれる成分なんです。

ヒアルロン酸は年齢とともに減少する

ヒアルロン酸は赤ちゃんの時がいちばん体内に多く、成長につれその量は減少していきます。60歳の頃には20歳の時と比べると約四分の一にまで減少してしまうんです。

ヒアルロン酸は敏感肌の化粧水におススメの成分?

ヒアルロン酸,効果
保湿力と保水力をもつヒアルロン酸。肌のハリと潤いには欠かせない成分です。

 

ですがヒアルロン酸は真皮にある成分いくらヒアルロン酸配合の化粧水でお肌を潤わせても敏感肌の肌は表皮のバリア機能が低下しているからお肌の玄関が全開に開いている状態なんです。

 

せっかくヒアルロン酸で水分を保湿しても開きっぱなしの玄関では潤った水分が全て逃げて行っていしまいます。

 

だから敏感肌にはヒアルロン酸にプラスして玄関を閉める役割、外部刺激からお肌を守ってくれるセラミドも同時に配合されている化粧水をおすすめします。

関連ページ

コラーゲンは本当に美肌に効果ある?
美肌には欠かせない成分のコラーゲン。でも本当に美肌に効果あるのでしょか?敏感肌に使っても大丈夫?