無添加化粧水は敏感肌に使える?

無添加化粧水,敏感肌

無添加というと「肌に優しそう」「安全そう」と思いがちですがイメージだけで選んでいませんか?

 

無添加化粧品はイメージ通り本当に安全なのでしょうか?

 

敏感肌でも安心して使ってもいいのでしょうか?

 

無添加化粧品の無添加には定義がない

無添加化粧水,敏感肌

 

実は無添加化粧品・無添加化粧水に決められた定義はありません。各メーカーや商品によって「無添加」と名付けられ何が無添加かはメーカーによって大きく異なるのが現状です。

一般的にはアレルギーや発がん性の可能性がある102種類の旧表示指定成分を使用していない化粧品を「無添加化粧水」として明記してるメーカーが多い。

無添加化粧水は本当に安全?

無添加化粧水,敏感肌

 

無添加化粧水のなかには旧表示指定成分を配合していないということで「無添加化粧水」として販売されている化粧水もあります。

 

つまり無添加化粧水と明記してあっても旧表示指定成分を使用していないだけで他の種類の化学成分はたっぷり含まれている可能性があるんです。

なにが無添加なのか自分の目で確かめよう

無添加というと化学成分は配合されていないイメージですが旧表示指定成分を使っていないだけで他の化学成分は使われている可能性があります。

 

アレルギー体質や敏感肌の肌質の人は肌に優しそうと無添加化粧水を選んでもかぶれてしまったり肌荒れしてしまう可能性も。

 

化粧品は2001年4月から使用している全成分の表示を義務付けられました。使用している量が多い順に明記してあります。自分の目できちんと確かめて選ぶことが出来ます。

 

※写真はメディプラスゲルの裏面です。配合している全ての成分が表示されていています。

無添加化粧水,敏感肌

 

因みにメディプラスゲルの場合は『香料』『合成着色料』『合成乳化剤』『防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)』が無添加です。防腐剤を使わないことは技術的に特に難しいとされているのですがメディプラスゲルは防腐剤も無添加です。

 

でも横文字のカタカナばかりで何が配合しているのかいまいちよくわからないですよね^^;

 

無添加化粧水の選び方のポイントをまとめてみました。

 

安全な無添加化粧水の選び方

無添加化粧水という言葉だけで選ばない

 

石油系界面活性剤・鉱物油・合成ポリマーを使っていない

 

プチプラすぎる無添加化粧品は化学成分が多く配合されている可能性がある

 

無添加化粧水というと「肌に優しそう」「化学成分は入っていなそう」とイメージだけで選んでしまいそうになりますが「なにが無添加なのか」キチンと自分の目で確かめることが大事です。

化学成分を全て除去するのは難しいかもしれません。

 

アレルギー体質の方は反応してしまう嫌われがちなパラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤も少量なら化粧品を腐らせず質を保つことが出来る成分です。

 

自分にあった危険性のある化学成分が配合されていない・化学成分の配合数が少ない安全性の高い化粧品を選んでいきたいですね。

 


関連ページ

敏感肌の種類 | あなたはどの敏感肌?
敏感肌と言っても色々な種類があります。あなたはどの敏感肌?改善方法も紹介。
これって敏感肌?30秒で出来る肌診断チェック
普段使っていた化粧水が急に合わなくなってしまったり肌がかゆくなってしまったり「これって敏感肌?」30秒で終わる簡単な肌診断チェックしてみませんか?
敏感肌の原因 | どうして私は敏感肌?
どうして敏感肌になっちゃったの?どうして私は敏感肌なの?今まで使っていた化粧品が合わなくなってしまった、昔から肌が弱い、その原因はどうしてなのか調べてみました。
敏感肌って治すことが出来るの?
敏感肌になってしまう原因は人それぞれ。皮膚が薄く生まれつきの遺伝要素が原因の人、環境の変化で肌が敏感肌に揺らぐ人。正しいスキンケアによって肌質を改善していきましょう。