敏感肌にはやっぱりセラミド?化粧水に使われている種類や効果は?

敏感肌,セラミド

 

敏感肌の保湿にはセラミドの配合された化粧水がよいって一度は聞いたことありませんか?

 

でもセラミドっていったいどんな成分?敏感肌でも本当に使えるの?

保湿によく聞く「セラミド」ってなに?どんな成分?

セラミドは人間の肌にも存在する成分のひとつ。水分と結合する特性を持っているので角質細胞の隙間を埋めて潤いを逃さず、紫外線などの外部刺激から守ってくれるボディーガードの働きをしてくれます。

セラミドにはどんな種類があるの?

敏感肌,セラミド

 

一口に「セラミド」と言ってもその種類はさまざま。

 

化粧品で使われているセラミドには植物や馬から抽出した天然型セラミド、人間の肌と同じ構造を酵母から抽出したヒト型セラミド

 

味の素や花王(キュレル)などメーカー独自で開発した人口の疑似セラミドなどがあります。

セラミドの主な種類

天然セラミド

馬や動物、植物など天然成分から抽出されたセラミド。成分表示には「ビオセラミド」「セレブロシド」「ウマスフィンゴ脂質」 と明記してあります。肌への浸透力がよく馴染みがよいが動物性のセラミドはとても高価です。植物からはコンニャクから抽出されたセラミドが有名。特にコンニャク芋から抽出されたセラミドは麦や米、大豆などアレルギー反応をおこしにくい植物なのでアトピー性皮膚炎のスキンケアにも注目されています。成分表示は「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」

 

ヒト型セラミド

成分表示「セラミド2」「セラミド3」などセラミドの後に数字がつくのが特徴。人間の肌にあるセラミドと同じ構造を酵母から作ったセラミド。「バイオセラミド」「活性型セラミド」とも呼ばれています。人間の肌にあるセラミドと同じなので天然セラミド同様の保湿・保水力を持ちます。価格も安く安全性も高いです。

 

疑似セラミド

「合成セラミド」とも呼ばれ花王のキュレル、味の素で使われているエルデュウ(アミノ酸系うるおい成分)など独自で開発した疑似セラミド。天然のセラミドではないため成分表示にはセラミドと明記することはできません。キュレルのセラミドは「長鎖二塩基酸ビス3−メトキシプロピルアミド」「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」味の素のセラミドは「ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)」という成分表記をされています。

セラミドのおすすめはヒト型セラミド

敏感肌,セラミド

 

人間の肌のセラミドは大きく分けると主に約11種類のセラミドが存在しています。

 

ヒト型セラミドは人間の肌に存在しているセラミドとほぼ同じ構造で作られているため肌への浸透力もよく保湿力に優れています。また肌と同じ構造のため肌への安全性も高く敏感肌にもピッタリのセラミドです。

 

ヒト型セラミドは約11種類ありますが敏感肌には保湿力の高いセラミド2、保水力がありエイジング効果もあるセラミド3がおすすめです。

 

敏感肌,セラミドヒト型セラミド配合敏感肌化粧水はコチラ

 

セラミドは化粧水に使うように塗ってもよいですがセラミドを含む食品で身体の中から取り入れる方法もあります。

 

ちなみにセラミドが多く含まれているのは米、小麦、こんにゃく、など。身体の外と中、両方から摂取するのがベストですね。